人件費削減の為に電話代行業者を利用しよう【準備するべきものとは】

女性

顧客情報を管理する方法

企業にとり重要なのは顧客管理です。CRMシステムを導入する企業が増えていますが、その理由は顧客情報を一元管理できるからです。今までは営業部や営業マンが持っていた顧客情報を、全社で共有することができます。それによって新製品の開発や高度な営業戦略を立てることができます。実績のある業者に導入を委託します。

PC操作

マニュアル作りのプロ

マニュアルの作成は自社内でするもの、という考えが一般的ですが、その中で作られたマニュアルはどうしても客観性に欠けた出来になってしまいます。マニュアルの作成は本来相応のスキルと技術が必要な分野です。作成のプロのマニュアル制作会社に依頼することは会社の人的時間的コストの削減に繋がるかもしれません。

女性

電話の代行サービスを選ぶ

企業が業績を上げるためにはコストカットが必須です。特に人件費の削減は業績アップにつながります。その代わり利用したいのが電話代行サービスです。色々な業態によって代行業者の選び方は変わります。起業したばかりの会社は秘書代行サービスが必要ですし、メンテナンス業は夜間休日電話代行サービスを選びます。

男性

サービス内容に応じて

電話代行サービス業者では、どんな顧客のクレーム対応でも親切丁寧に行って頂けます。クレーム対応の上手な業者の評判はとても高いです。一般的なビジネスシーンでの電話代行相場は、月額で約10000円です。重役向けの電話代行の場合は、月額で20000円〜30000円です。

男性

顧客情報を管理する

重要顧客を増やすために顧客情報を管理するためのシステムが、CRMシステムである。CRMシステムでは自社独自に開発するものと、クラウドサービスを活用するものがある。クラウドサービスでは、低料金で利用できカスタマイズ可能なサービスもある。

電話受けのサービス

固定電話

申し込み方法と準備は

電話代行とは電話の転送を利用したサービスであり、かかってきた電話を代わりにオペレーターが対応してくれるサービスです。オペレーターが受けた電話の内容は、メールや携帯電話に連絡してもらえるので、少人数で仕事をしていたり、オフィスを留守にしがちな企業にとっては営業支援サービスとなります。小さな企業では電話対応にまで手が回らなかったり、事務員を雇えない場合があります。しかし、企業にとって電話が繋がらなかったり誰も電話に出ない事は致命的で、大きなビジネスチャンスを逃す事にも繋がります。また、何よりも電話に誰も出ない事はお客様に不安を与え、信頼関係にまで発展してしまうので避けなければなりません。電話代行会社は事務員やアルバイトを雇うよりも、圧倒的な低コストで利用できるサービスです。電話代行サービスの申し込み方法は電話かインターネットから簡単に申し込む事が出来ます。また、電話代行サービスを受けるには、電話会社に転送サービス(NTTであればボイスワープ)の申し込みが必要となるので、事前に済ませて準備しておく必要があります。電話代行サービスを行う会社は数多くあります。会社によってサービス内容や料金体系、支払い方法などに違いがある為、必ず見積もりを取って価格の検討をする事が大切になります。集中して仕事をする為にはサービスの行き届いた電話代行会社を選ぶ必要があります。必ず電話代行会社を選ぶ基準をきちんと考え、自社にとって適切と思える会社を選ぶことが大切です。また、電話代行業者の中には電話を取り次ぐだけということもあるため、優先的に取り次いでほしいクライアントがいれば秘書のようなサービスを行なってくれる秘書代行サービスに依頼をすると良いです。秘書代行サービスも別名電話代行サービスと言われており呼び方が基本的に変わるだけではあるものの業者によってはサービス内容に違いが出てくることもあります。その点に注意した上でサービスを利用すると良いでしょう。
また、その他にもデータ入力代行サービスを活用するのも便利と言えます。データ入力代行サービスは名前の通り、データを入力してくれる内容になっていて様々なシーンで活用することが可能です。プロに依頼することでスピーディーにデータ入力を行ってもらうことができる他、的確なため安心して任せることができると言えます。

Copyright© 2018 人件費削減の為に電話代行業者を利用しよう【準備するべきものとは】 All Rights Reserved.