人件費削減の為に電話代行業者を利用しよう【準備するべきものとは】

顧客情報を管理する

男性

導入形態を学ぼう

企業が売り上げを伸ばしていくためには、優良顧客を増やしていくことが重要である。優良顧客は、長期にわたり継続して契約をしてくれる顧客や、大口の取引を行ってくれる顧客である。これらの顧客をより多く獲得していくことで、長期にわたり継続して事業を拡大していくことが可能になる。これらの顧客に関する情報は、以前は営業マンが個別に顧客情報を把握していたり、部署内のみで共有されるということが一般的であった。しかし、これらの情報は全社的に共有することで活用の幅が広がる。また、営業マン1人のみが顧客情報を把握していると、その営業マンがいないと対応できないなど弊害がある。そこで、会社全体として顧客情報を管理しようとするものがCRMシステムである。CRMシステムでは、顧客情報を一元管理し社内全体で活用していこうとするシステムである。CRMシステムでは、自社独自のシステムを開発するケースと、クラウドサービスを活用するケースがある。自社内独自のCRMシステムでは、会社の実情に合わせたシステムとすることができ活用しやすいということがあるが、費用が多くかかるということがある。その為、最近ではクラウドサービスなど、サービス活用して導入するケースが多くなっている。クラウドサービスでは、多くの業者が利用できるように仕様を統一化しているケースが多い。しかし、会社によって要望が異なるため、それらに合わせてカスタマイズできるサービスもある。

Copyright© 2018 人件費削減の為に電話代行業者を利用しよう【準備するべきものとは】 All Rights Reserved.